ほうれい線,原因

どうしてほうれい線ができるの!?

法令線の原因は主に肌の老化です。
年齢とともに肌のハリが失われることで、法令線が目立ち始めてしまいます。
また、若い人で法令線が目立ち始めた場合のほとんどが、筋肉のつき方や骨格が原因となっています。

ほうれい線の原因 - 1.肌のハリ・弾力の低下によるたるみ

ハリのある肌は押すと押し返す弾力があります。しかし、ハリがなくなってくると弾力はなく、重力に逆らえなくなってしまっています。
朝起きたときに、顔に枕の跡がついて、消えるまでに時間がかかった…という経験がある人は要注意!
ハリがなくなってきている証拠です。
ハリがなくなってくると、クセがつきやすくなってしまいます。
これが戻らなくなると、しわとなってしまうのです。

肌のハリが低下する原因に、コラーゲンの低下があります。
年齢とともに、コラーゲンは作られなくなっていくので、肌を支えているコラーゲンが減少し、ハリがなくなってしまうのです。

つまり、加齢によってコラーゲンが減少すると、肌のハリがなくなって下にたれてしまいます。
そのことが原因でほうれい線の溝が深くなるのです。

ほうれい線の原因 - 2.表情筋が衰えることによるたるみ

笑うとき、起こるとき、さまざまな表情をするときに働くのが表情筋です。
この表情筋が衰えると、皮膚はたるんでしまいます。
表情筋の力が低下すると皮膚を支えきれなくなってしまうのです。

表情筋の力が低下する原因に、加齢によるものと、表情筋を使わないことによるものがあります。
他の筋肉と同じように、表情筋も年齢を重ねるごとに筋力が低下してしまいますし、表情筋を使わなければ筋力が低下してしまいます。

笑ったり、怒ったりするときに表情筋を使いますが、笑う時のほうが多く表情筋を使うのだそうです。
一般的に、表情筋は30%ほどしか使われていないのだとか。
たくさん笑って過ごすと、表情筋をたくさん使い、ほうれい線を防ぐことができ、若さを保てるのです。
また、笑顔が多いのは魅力的ですよね。

ほうれい線の原因 - 3.筋肉のつきかたや骨格

10代後半や20代前半は、まだほうれい線とは無縁のように思われますが、若くてもほうれい線に悩む人は少なくありません。
生まれつきの筋肉のつきかたや骨格が原因で、ほうれい線が目立ってしまう場合もあるのです。

ほうれい線の原因 - 4.喫煙や生活習慣

ほうれい線は喫煙や睡眠不足、紫外線、ストレス、不規則な生活などによる肌の老化によって、ほうれい線を悪化させるとされています。

喫煙はビタミンCを壊し、女性ホルモンの分泌を抑制するので、肌のターンオーバーが乱れ、コラーゲンの生成を減少させてしまいます。
そのため、ほうれい線だけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?