ほうれい線,予防

紫外線はほうれい線を目立たせる!?

紫外線は肌トラブルの原因となる、美肌の敵です。
肌の老化のほとんどが紫外線の影響によるものだとされています。

「つい日焼けしてしまった」という経験はありませんか?
日焼けはほうれい線の原因となります。
健康的な小麦色の肌と引き換えに、ほうれい線を作ってしまうことになるかもしれません。

紫外線は肌の奥まで影響を与えます!

紫外線は肌の奥にある真皮層にまで影響を与えます。
真皮層は約70%がコラーゲンでできていますが、紫外線は真皮層のコラーゲンを壊してしまいます。
コラーゲンが壊れてしまうと、肌の弾力・ハリがなくなり、たるみやしわの原因となってしまうのです。

ほうれい線もしわです。紫外線の影響で、ほうれい線が深くなったり、目立つようになったりしてしまいます。

紫外線は乾燥を引き起こす

紫外線を浴びると、肌の水分が奪われて、乾燥してしまいます。
乾燥している肌は、肌のバリア機能が低下し、ダメージを受けやすく、肌弾力の低下やシワを引き起こしやすい状態となっています。

紫外線を浴びた後に保湿を行わないと、肌が乾燥し、シワ・たるみを引き起こし、ほうれい線を深くしてしまうかもしれません。

ほうれい線予防のための紫外線対策

ほうれい線のためだけでなく、美しい肌を目指すのであれば、紫外線対策は欠かせません。
ほうれい線を目立たせないため、ほうれい線以外のシワを増やさないため、光老化を防ぐためにも紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めクリームを使用する

日焼け止めクリームや日焼け止め下地で紫外線から肌を守りましょう。
紫外線のUVAは、ガラスを通過してしまうので、室内でも紫外線対策が必要です。

日傘や帽子で紫外線を防ぐ

屋外では紫外線が強いので、日傘や帽子などを使用して紫外線から肌を守りましょう。
近年は、オゾン層破壊によって降り注ぐ紫外線量が多くなっています。
夏はもちろん、冬も紫外線対策が必要です。

日焼けをしてしまったら…

紫外線対策は大切ですが、うっかり日焼けをしてしまったら、適切なケアが必要です。
放っておくと、ほうれい線が深くなるだけでなく、シミなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。
正しい対処法を確認しておきましょう。

日焼けの後は保湿をしっかり!

日焼けをすると、肌の水分が失われ、うるおいのない状態になってしまいます。
うるおいのない肌は、再生する力も低下しているので、普段以上に保湿を心がける必要があります。

ローションパックでしっかり水分を補給し、油分(乳液)を与えて、水分が逃げないようにすると良いでしょう。
また、体内の水分量が低下してしまっては、肌はうるおいを取り戻すことはできません。
水をしっかり飲むようにしましょう。

やけどのような痛みやほてりをともなう日焼けは、皮膚科を受診したほうが安心です。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?
関連リンク