ほうれい線を消せる

洗顔前の蒸しタオルで効果倍増!

蒸しタオルで毛穴を広げることにより、毛穴の汚れをしっかり落とせて、洗顔後の化粧水や美容液の効果をアップできます。
さらに、血行も良くなるので、新陳代謝も良くなり、良いことばかりなのです!

毎日行う洗顔がほうれい線解消の妨げとなっているかもしれません。
正しい洗顔やクレンジングの方法を確認していきましょう。

蒸しタオルの作り方は簡単!

水で濡らし、軽く絞ったタオルをラップで包みます。(ビニールの袋に入れても良いです。)
電子レンジで30秒程度温めれば出来上がりです。
使用する電子レンジによって、加熱時間は異なるので、熱すぎず、触って気持ちいいと感じる程度に温めてください。

顔に乗せる段階で、タオルが冷めてしまっては効果がないので、使用する直前に行うと良いでしょう。

蒸しタオルを顔にのせておく時間は?

30秒程度リラックスした状態で、顔にタオルをのせて毛穴を開きます。
このひと手間で、肌の表面だけでなく毛穴の奥の汚れも落とせるようになり、美容液や美肌成分が肌の奥に吸収されやすくなります。

クレンジングは多めに使って!

メイクはバッチリするのに、クレンジングは適当…という人はいませんか? メイクを落とせば良いというわけではなく、肌に負担をかけずにしっかりメイクを落とすことが大切です。

クレンジング剤は多めに使うようにしましょう。
少量のクレンジング剤では、肌をこすることになってしまい、摩擦で傷をつけてしまいます。

洗顔は泡で洗うことを意識して!

洗顔は泡立てが大切です。洗顔料の泡立て方を変えただけで、肌の状態が良くなることもあるのです。
洗顔は泡が汚れを浮かせて落としてくれます。
手でゴシゴシこすって落とすのではありません。

手でゴシゴシ洗った肌と、泡でやさしく洗った肌では、水分量が全然違っているとか。
ゴシゴシ洗うと、必要な潤い成分を落としてしまい、水分量が減少してしまうのです。

理想の泡とは

洗顔の泡は、肌を傷つけずに汚れを落としてくれますが、不十分な泡では汚れを落としきれなかったり、肌を傷つける原因になってしまいます。

洗顔の泡で大切なのは、泡の弾力・キメの細かさです。
弾力のある泡は、つぶれにくく、手の摩擦を防いでくれます。
また、キメの細かい泡は、毛穴の奥の汚れまでしっかり落としてくれます。

泡立てネットが便利!

洗顔料の泡立てを手で行う場合、キメ細かな弾力のある泡を作るためには、かなりのテクニックが必要です。
そこで、手軽に理想的な泡が作れる泡立てネットをおすすめします。
泡立てネットは比較的安く手に入り、誰でも簡単に泡立てができるのです。

正しい方法で肌にやさしい洗顔を!

洗顔方法は、自己流や母親の影響を受けている場合が多いとか。誰もが毎日行う洗顔でありながら、間違った方法で行っている人が多いようです。

洗顔の流れ

  1. 手をキレイに洗います。
  2. 36度くらいのぬるま湯で顔をぬらします。
  3. しっかりと洗顔料を泡立て、キメの細かい泡を作ります。
  4. 皮脂の分泌が多いTゾーンを洗います。
  5. 目の周りや頬などの皮膚が薄くデリケートな部分を洗います。
  6. しっかりとすすぎます。

すすぎ残しがあると肌トラブルの原因となってしまうので、しっかりすすぐようにしましょう。髪の毛の生え際は要注意です。
また、法令線が気になる口元は、皮膚が薄く、デリケートなのでゴシゴシ洗わずに、優しく泡で洗いましょう。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?