弾力,ほうれい線

肌弾力に必要なのはコラーゲンだけではない!

他のページでも説明しましたが、肌の弾力を作っているのは、皮膚の真皮という層です。
真皮は繊維と繊維のすき間を満たす基質からなります。
繊維はコラーゲンと、コラーゲンを支えるエラスチンによって作られ、基質は80%近くが水分でできています。
また、肌のみずみずしさは、気質の水分によるものであり、水分を体内に保つ役割をしているのがヒアルロン酸です。

つまり、肌のハリ・弾力を生み出す真皮を若く保つためには、コラーゲンのほかに、エラスチンやヒアルロン酸をしっかり摂取することが必要なのです。

肌弾力に不可欠!エラスチンとは?

エラスチンはコラーゲンを支えているので、エラスチンが減少するとコラーゲンの肌を支える働きも低下してしまい、肌の弾力・ハリを失ってしまいます。
また、エラスチンが減少すると、コラーゲンの生成も減少してしまうということがわかっています。

肌の弾力=コラーゲンというイメージが強いかもしれませんが、そのコラーゲンを影で支える、縁の下の力持ちのような存在がエラスチンなのです。

エラスチンを含む食品は?

エラスチンは20歳頃を境に生成される量は減少していきます。
50歳になると、若い頃の半分の量になってしまうとされています。
20歳以降は、意識的にエラスチンを摂取する必要があると言えるでしょう。

エラスチンは牛スジや鶏の手羽先、軟骨、魚(特に皮の部分)に多く含まれています。
真皮の組織は眠っている間に作られることから、夜に食べるとより効果的です。

エラスチンをサプリで摂取しよう!

エラスチンサプリメントの原料は、カツオやタラなどの魚由来のものとなっています。
他の栄養素も配合されているものもあるので、しっかり確認してから使用するようにしましょう。

また、エラスチン・ヒアルロン酸・コラーゲンを含むサプリメントもあり、ほうれい線を消す作用がある3大成分をしっかり摂取できるのでおすすめです。

ヒアルロン酸はどのように摂取したらいい?

美容液や基礎化粧品に含まれ、美肌の栄養素として一般的なヒアルロン酸。
しかし、ヒアルロン酸を含む食品を知っている人は、少ないのではないでしょうか。

ヒアルロン酸を含む食べ物

ヒアルロン酸は鶏の手羽先や鶏ガラ、豚耳、牛スジ、フカヒレ、魚の目玉などに多く含まれています。
しかし、ヒアルロン酸は熱に弱く、熱を加えると壊れやすい性質があり、ヒアルロン酸を含む食品は加熱しなければ食べられないものが多いことから、日常的にヒアルロン酸を食べ物で摂取するのは難しいとされています。

ヒアルロン酸はサプリメントで摂取しよう!

ヒアルロン酸は鶏のトサカなどを由来とする原材料を使用しています。
ヒアルロン酸と他の栄養素を含むサプリメントが多く、ヒアルロン酸のみのサプリメントは少ないです。
効果を高めるコラーゲンも配合されているサプリメントが多くあるので活用すると良いでしょう。

食べ物のアレルギーがある人は、他に含まれる原材料の確認も必要です。

美肌の元コラーゲンの効果をアップさせる方法

美肌を作るコラーゲンは、ビタミンC・鉄分と組み合わせることで効果をアップできます。
コラーゲンを多く含む食品に、レバー・鶏の手羽先・牛スジ・軟骨・鮭・カレイなどがありますが、ビタミンCを含むブロッコリー・ピーマン・じゃがいもなどの食品と、鉄分を含む小松菜やホウレンソウなどの食品を組み合わせて食べることで、コラーゲンを効率良く摂取できます。
コラーゲンは眠っている間に、体の中で生成されます。コラーゲン・ビタミンC・鉄分を含む食品は夕食時に食べると、さらに効果がアップします。

また、サプリメントで摂取する場合は、就寝前に飲むと良いでしょう。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?
関連リンク