法令線,対策

筋肉のつき方や骨格による法令線の対策は?

骨格や筋肉のつき方が原因の場合、法令線とは無縁な年頃から目立ち始めてしまうこともあります。
まき肩や猫背は、日本人に多いとされていますが、このまき肩や猫背もほうれい線をつくりやすいとされています。

まき肩や猫背が原因の法令線対策

まき肩や猫背は、エクササイズや体操で改善できます。
まき肩・猫背をなおすエクササイズに加えて、スキンケアをしっかり行い、たるみを改善する表情筋トレーニングなどを行っていくと良いでしょう。
また、日頃の姿勢を意識することも大切です。

骨格が歪むと法令線ができてしまう!?

「片方だけ法令線が目立つ」という人の多くは、骨格の歪みが原因でほうれい線が目立ってしまっている場合が多いです。顔の骨格も歪みます。
片方ばかりで噛む癖や、片方で歯を食いしばってしまう癖がある場合などに、骨格が歪んで顔の骨格につながる表情筋もバランスを崩してしまいます。
表情筋のバランスが崩れると、リンパ液の循環が悪くなり、新陳代謝や脂肪のつき方などにも左右のアンバランスが出てきてしまうのです。
そのため、片方だけほうれい線が目立ってしまうことがあります。

顔の歪みは矯正できる?

自分で癖を直すことができれば、顔の歪みも解消されていきますが、歯のバランスに問題がある場合には、歯科を受診する必要があるでしょう。

また、顔の骨格の矯正を行っている整体やカイロプラクティックなどで施術を受ける方法もあります。
顔の歪みは、癖や体(主に首)の歪みが原因となっている場合もあり、頭蓋骨や背骨、骨盤のゆがみから矯正する必要がある場合もあります。

歯医者さんが考案した表情筋を鍛える パタカラ

パタカラとは表情筋を、口の中から効果的に鍛えるための道具です。芸能人が使用していることでも話題となり、知っている人も多いと思います。
表情筋が鍛えられ、肌にハリを与えることもできるので、法令線対策に効果的として人気を集めています。
パタカラは、さらにシワの予防・解消の他にも、小顔効果、口呼吸改善などの効果があるのです。

パタカラの基本的な使用方法

口の中(唇と歯の間)にパタカラを装着し、唇に力を入れて、口をつぐみます。この状態を1回に3分保ちます。
時間のあるときに行いますが、1日に4回行うと効果的だとか。

慣れてきたら、口に装着した状態でロープを引っ張ったり、顔を動かしたりする表情筋トレーニングを行っていきます。
購入時に、トレーニング方法が収録されたDVDもついてくるので安心です。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?
関連リンク