乾燥肌

乾燥肌は紫外線の影響を受けやすい!?

【紫外線対策でほうれい線予防】で説明したように、紫外線はほうれい線の原因となります。
乾燥している肌は、肌のバリア機能が通常より低下しています。
紫外線のダメージを受けやすい状態にあると言えるでしょう。
紫外線は真皮層のコラーゲンを壊し、肌の水分を奪い、たるみやほうれい線を引き起こすのです。

「乾燥肌ではないから大丈夫」と思っている人も、紫外線が原因となって乾燥肌になる場合もあるので注意が必要です。

乾燥肌の人の紫外線対策

ほうれい線を引き起こす紫外線の予防は、季節に関係なく必要です。紫外線対策でまず思いつくのは、日焼け止めクリームではないでしょうか。
しかし、乾燥肌の人は、「日焼け止めの肌への刺激が強くて付けられない」と言う人もいるのではないでしょうか。

乾燥肌向けの低刺激の日焼け止めや、SRFやRAの値の低いものを使用するようにしましょう。
紫外線はほうれい線やシミ、シワの原因となります。
日焼け止めの刺激も肌に良くありませんが、紫外線の刺激のほうが悪影響を与える恐れがあるのです。
自分の肌に合った日焼け止めを見つけて、しっかり紫外線対策をするようにしましょう。

乾燥肌はたるみやすく、ほうれい線が目立つ!?

肌のハリや弾力は真皮で作られています。
真皮にある線維芽細胞は、ハリ・弾力の元であるコラーゲンやエラスチンを生み出します。
乾燥は、この線維芽細胞の活動を抑制してしまうのです。
乾燥して、線維芽細胞が活動しなくなってしまうと、コラーゲン・エラスチンが不足し、肌は弾力を失ってたるんでしまうのです。

ほうれい線は誰にでもあるものですが、ハリを失ってしまった肌では、法令線は深くなって目立つようになってしまいます。

乾燥肌のほうれい線対策・予防

乾燥肌の人は、特にスキンケアや法令線対策・予防が必要だと言えるでしょう。
年齢が若くても、乾燥肌の人はしっかりケアしていく必要があります。

正しく洗顔してますか?

毎日当たり前のように行っている洗顔ですが、意外にも正しい洗顔方法を知らない人が多いのだとか。
自己流や母親の影響を受けている人が多いようです。

洗顔料選びも重要です!

洗顔料は洗浄力が強いと、肌への刺激も強くなり、潤い成分も落としてしまいます。
しかし、洗浄力が弱すぎると、汚れを落としきれなくなってしまいます。
洗い上げた後に保湿成分は残し、しっかりと汚れを落としてくれる乾燥肌向けの洗顔石けんが増え、人気を集めています。

また、洗顔料によって、肌がつっぱったり、洗った後に肌がガサガサしてしまう場合には、すぐに使用を中止しましょう。

しっかり泡立てましょう。

ゴシゴシ洗ってしまうと、肌に刺激を与えてしまうので、泡の洗浄力で洗うように心がけましょう。
しっかり泡立てたきめの細かい泡は、毛穴の奥の汚れまでしっかり落としてくれます。

水の温度は?

乾燥肌の人が洗顔に使用する水の温度は、30〜34度の肌の温度より少し低いぬるま湯が良いでしょう。
温度が高すぎると、必要なうるおい成分も落とすことになってしまいますし、温度が低すぎると、汚れが落ちにくくなってしまいます。

すぐに化粧水をつけましょう。

洗顔が終わったら、タオルでゴシゴシ拭くのではなく、軽く押さえながら水分をふき取り、すぐに化粧水・乳液等を付けるようにしましょう。

部屋の湿度にも気をつけましょう

夏は冷房、冬は暖房をつけて、部屋の湿度は低くなりやすくなっています。
加湿器がなければ、水で絞ったタオルを干すだけでも、湿度はずいぶん変わります。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?