ほうれい線,男

男性の肌はほうれい線ができやすい!?

シワやほうれい線に悩む女性は多いですが、「男性には関係ない」と思っていませんか?
近年「いつまでも若くいたい」と思う男性が増え、メンズエステや男性用化粧品がとても人気です。

ほうれい線・シワの主な原因は乾燥やたるみです。男性は皮脂の分泌が多く、乾燥しないように思われますが、実は肌の内側は乾燥しているインナードライの肌が多いのです。
肌の表面が脂っぽくて悩む男性は多いですが、内側は乾燥してしまっている場合が多いのです。

表面だけが潤っていても、肌の内側が乾燥していては、ほうれい線・シワができてしまいます。早いうちからのケアが必要です。

男性はシェービングで肌に負担をかけている!

普段肌の手入れをしていない男性は、「スキンケア」と聞くと、難しく考えてしまいますが、洗顔やシェービングなど普段行っている手入れを正しい方法に改めるだけで、肌の負担が減って肌の状態が良くなります。
「今さら」と思わずに、日常のスキンケアを見直してみましょう。

男の特権とも言える、毎日欠かせないシェービング方法を紹介します。
洗顔方法は【洗顔・クレンジングでほうれい線を消せる!?】で紹介しているので参考にしてみてください。

ヒゲ剃りは肌へ負担をかけています!

男性が日常的に行っているヒゲ剃りが、肌の老化を早めている場合もあります。
カミソリで肌表面にある角層や皮脂膜を削ってしまっている場合や、細かな傷をつけてしまっている場合があるのです。

カミソリ後はとても乾燥しやすいので、ローションなどで水分補給を行うと良いでしょう。(カミソリ負けなどで肌がヒリヒリしている場合などは、ローションを控えた方が良いでしょう。)

シェービング方法を確認しよう!

ヒゲ剃りの方法は自己流や親の影響を受けている場合が多く、正しく行えていない人が多いのだとか。肌に負担をかけないシェービング方法を紹介します。

  1. ぬるま湯で洗顔をする
  2. 顔が濡れた状態で、シェービングフォームをつける
    シェービングフォームをつける箇所が濡れていれば良いです)
  3. シェービングフォームをなじませるため、30秒ほど待つ
  4. ヒゲの生えている流れに沿って剃る
  5. しっかりすすぎをする
  6. ローションで保湿する

シェービングフォームは肌を滑らかにし、ヒゲを軟らかくする効果があります。ヒゲは意外に固いものです。
濡らして、シェービングフォームをつけることで軟らかくなり、無理に力をかけずに剃れて、肌への負担を減らします。

ほうれい線を防ぐ 男の紫外線対策

男性は日焼けした肌がカッコイイと思っている人がほとんど。
しかし、日焼けは最も肌の老化を早めるのです。

紫外線はほうれい線・シワだけでなく、シミ・そばかすの原因にもなります。
紫外線対策を行わなければいけないのは、女性だけではないのです。

日焼け止めをつける習慣を!

紫外線対策の一つに、サンスクリーンがありますが、保湿成分を含む美容液タイプのものやクリームタイプのものなど、種類も豊富にあります。
保湿成分が含まれるものならば、シェービング後に化粧水と共に使用すれば、基本的なスキンケアをしながら、UVケアもできてしまいます。

出かける前の身だしなみの一つとして、日焼け止めをつける習慣を身につけましょう!

どうしても白い肌は嫌だという人に朗報!

紫外線の害を知っていても、「やはり小麦色の肌がいい」という人に、セルフタンニングをおすすめします。
セルフタンニングとは、化粧品によって肌を小麦色に変えるのです。紫外線に当たらなくても日焼けしたような色の肌を手に入れられます。

セルフタンニングの化粧品には、ローションやスプレー、ムースタイプのものなどがあります。
数回使用するだけで効果があり、使用をやめると肌の色は元に戻ります。
肌への害がなく、ムラのない日焼けした肌を作ることができるので、日本だけでなく海外でも人気があります。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?