ほうれい線,脂肪注入

ほうれい線を消すプチ整形の種類

プチ整形とは、メスを使わない部分的な処置のことを言い、美容外科・美容整形外科などで受けられます。

ほうれい線はメスを使わず、注射するだけで治る場合が多く、プチ整形で入院や多額な費用も必要なく、比較的簡単に治せます。
法令線を消すためのプチ整形の種類もたくさんあるので、法令線の深さや体質、持続期間などを考慮して、医師と相談して決めると良いでしょう。
どの方法で行う場合も、医師としっかり話し合うことが大切です。

ヒアルロン酸注入とは

保水力の高いヒアルロン酸を、ほうれい線の部分に注射することによって、肌の弾力・ハリを取り戻し、ほうれい線を目立たなくします。
ヒアルロン酸を注射すると、肌を下から持ち上げてくれるのだとか。

ヒアルロン酸注入の効果はどれくらい続く?

ヒアルロン酸はもともと体にある成分なので、安全性は高いですが、注入後少しずつ体内に吸収されてしまいます。
そのため、効果が持続するのは6ヶ月〜12ヶ月ほどとされています。

治療時間は?痛みは!?

治療時間は10分程度です。
注入する針が極めて細く、麻酔クリームなどを使用するため、痛みはあまり感じない場合が多いようです。

ダウンタイムはどれくらい?

ダウンタイムとは、施術を受けてから回復までの時間を言います。
体質などにより個人差はありますが、まれに内出血をする場合もありますが、多くの場合ダウンタイムは必要なく、施術後にはメイクもできます。

コラーゲン注入とは?

コラーゲン注入には牛由来のものを使用する場合と、ヒト由来の場合の2種類があります。
コラーゲンは潤い成分ですので、肌に注入することで、しわの凹凸を肌の真皮から持ち上げて、シワを目立たなくしてくれます。
さらに、自分のコラーゲンも増殖され、肌がよみがえります。

コラーゲン注入の効果はどれくらい続く?

コラーゲンもヒアルロン酸同様、少しずつ体に吸収されてしまいます。
しかし、何度かコラーゲン注入を繰り返していくうちに、シワのできにくい肌に変わっていくのだとか。注入後は6ヶ月〜12ヶ月効果が持続します。

治療時間は?痛みは?

治療時間は10分程度です。
治療の痛みは、麻酔テープや麻酔クリームを使用するので痛みはあまり感じられないのだそうです。

ダウンタイムはどれくらい?

コラーゲン注入も、治療後すぐにメイクができ、ダウンタイムは必要ありません。

ボトックス注射とは

ボツリヌス菌を製剤化したものを注射し、シワをできにくくするのがボトックスであり、ボツリヌス菌は筋肉を抑制する働きがあるので、表情筋の動きや緊張を抑え、表情しわを解消します。

ボトックス注射の効果はどれくらい続く?

ボトックス注射の効果は一般的に6ヶ月ほどです。
個人差があり、3ヶ月ほどの人もいれば、8ヶ月ほど持続する人もいるのだとか。

治療時間は?痛みは?

麻酔クリームやブロック麻酔などをすると痛みはありませんが、痛みに弱い人は麻酔なしでは痛いようです。
事前に医師に相談すると良いでしょう。
治療は10分程度で終わります。(注射する本数が多い場合は、さらに時間がかかります。)

ダウンタイムはどれくらい?

ボトックス注射も、注射するだけの施術なので、ダウンタイムはありませんが、まれに内出血を起こす場合もあります。
内出血は数日で跡も残らず、自然に治ります。

副作用は?

ボトックス注射後、次のような副作用がある場合もあります。

  • 軽い頭痛
    数時間で自然に治ります。
  • 表情の違和感
    一時的のものなので、徐々に元に戻ります。

アクアミド(アクアジェル)とは

アクアミドとはポリアクリルアマイド(2.5%ほど)と純水(97.5%ほど)から作られた物質です。
このアクアミドをふくらませたい箇所や高くしたい箇所に注入し、シワやくぼみの解消に用いられています。

体内に吸収されず、安全性が高いことから、とても人気があるプチ整形の方法の一つです。
無毒性のため、アレルギーテストも必要ありません。

アクアミドの効果はどれくらい続く?

体に吸収されないため、効果は半永久的に続きます。

治療時間は?痛みは?

治療時間は10分〜15分程度です。
ヒアルロン酸やコラーゲンの注入と同様、注入する際に麻酔テープや麻酔クリームなどを使用するので、痛みはほとんどありません。

ダウンタイムはどれくらい?

ダウンタイムは必要なく、施術後すぐにメイクができます。

脂肪注入とは?

自分の皮下脂肪などを抽出、加工して、ふくらませたい箇所に移植します。
豊胸やシワ消しなどで用いられている方法です。
脂肪の抽出は、太ももやお腹から注射器(または脂肪吸引器)で行います。

脂肪注入の効果はどれくらい続く?

ヒアルロン酸・コラーゲン注入やボトックス注射は持続期間がありますが、脂肪注入は定着した脂肪は半永久的に持続します。

利用時間は?痛みは?

治療時間は一般的に40分〜60分とされています。
使用する麻酔によって、治療時間が長くかかる場合もあります。
麻酔を使用しているので、痛みはないようです。

ダウンタイムはどれくらい?

体質などにより個人差はありますが、腫れが4〜7日ある場合があります。
シャワーが2日後くらいから、メイクや洗顔は3日後くらいからできるようになります。
また、スポーツや顔のマッサージなどは1ヶ月ほどできない場合もあるので、医師に相談する必要があります。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?
関連リンク