ほうれい線ケア

10代のほうれい線は乾燥や骨格・筋肉のつき方が原因

10代の肌は皮脂の分泌が盛んでニキビに悩まされる人もいれば、肌の乾燥に悩まされる人もいます。
肌の乾燥しやすい人は、ほうれい線に要注意です。

乾燥肌ではないのに、ほうれい線ができてしまったという人は、骨格や筋肉のつき方が原因かもしれません。
現代はアゴの大きさが小さく、ほうれい線ができやすい骨格の人が増えているのだとか。

10代のほうれい線は保湿と表情筋トレーニングでケアを!

表情筋が気になって人前で笑えない…というのは逆効果!ほうれい線を深くしてしまいます。
たくさん笑って、表情筋を動かすようにしましょう。
そして、表情筋のトレーニングを行い、しっかり保湿を行うようにしましょう。

20代のほうれい線の原因で最も多いのは肌の乾燥

20代で最も多い原因は肌の乾燥、20代後半から徐々にたるみが出てくる場合もあります。
肌の乾燥は美肌の大敵!
ほうれい線ができやすくなり、たるみの原因にもなってしまいます。

20代のほうれい線は保湿ケアが大切!

20代のほうれい線は、保湿を行い、肌に潤いを与えてあげましょう。
また、紫外線は肌の乾燥だけでなくシミの原因にもなります。
紫外線対策もしっかり行うようにしましょう。

たるみが気になりだした人は、保湿とあわせて表情筋のトレーニングを行うようにしましょう。

特にほうれい線が気になり出す30代のケアは?

30代はアンチエイジングを意識し始める人が多いとか。
また、ほうれい線・たるみが気になり出す時期でもあるようです。
「お肌の曲がり角」とも言われる30代。しっかりケアをしていきましょう。

30代のたるみ・ほうれい線対策

30代のお肌の悩みの原因は、表情筋の衰えによるものが多いです。
ほうれい線だけでなく、たるみ、小じわの原因になってしまうのです。
表情筋を鍛えるトレーニングやマッサージを行いましょう。

肌の乾燥もほうれい線やたるみ、シワの原因になるので、紫外線対策や保湿をしっかり行うようにしましょう。

40代からはほうれい線ケアで特に差が出る!?

40代になると、ほうれい線がしっかりできている人、目立ち始めた人、全くほうれい線が気にならない人などさまざま。
ほうれい線のケアをしているかどうかで、だいぶ見た目年齢に差が出ます。

トータル的なケアで、年相応ではなく、若々しい肌を目指しましょう!

40代からのほうれい線ケアはどうしたらいい?

40代のほうれい線ケアはトータル的なケアが必要です。

表情筋が衰えてきますので、表情筋のトレーニング・マッサージが必要です。
そして、基本的なスキンケアも見直し、適したケアを行う必要があるでしょう。

また、肌を内側から美しくするケアも効果的です。
コラーゲンの生成が減ってくるので、コラーゲンやヒアルロン酸をサプリメントや食事で積極的に摂取するようにしましょう。

  • クリーム・美容液でほうれい線対策 - 肌の中から改善!よく効く成分を補給しよう!
  • 肌弾力・ハリが原因のほうれい線対策 - サプリや食品で体の中からケア

  • 【ほうれい線ができる原因】原因を知ることが消す方法に繋がります!
  • 【日常のスキンケアでほうれい線対策】洗顔/美容液/マッサージによる予防の方法
  • 【ほうれい線の原因に合わせたケア】サプリメント/フェイスニング/表情筋トレーニングによる対策
  • 【ほうれい線の原因となるトラブル】毛穴の開き/たるみ・シワ・乾燥に要注意!
  • 【ほうれい線コラム】正しいケアでアンチエイジング!ヒアルロン酸やコラーゲンの効果とは?